概要:絵が順番に変わり続けるプログラムを活用し、線香花火を作る体験を通してプログラミングの基本処理を学ぶ。
初めに数字を用いることで、処理の様子が視覚的に捉えやすく、コンピューテーショナル・シンキングを体験的に学ぶことができる。
プログラム解説:1、2、3、4、1の順に数字が変わり続ける。
プログラミングの基本処理の「順次」と「反復」にあたる。
手持ち部分と1〜4の数字を描いてステージに置き、メガネを作る。
順番に数字が変わり続ける。(順次と反復)
数字を長押し、えんぴつで素材を編集する。
数字を火花に書き換える。
→プログラム的には1の要素のまま見た目が火花になるイメージ。
1〜4の数字を火花に描き替える。
順番に火花の絵が変わる。=線香花火の完成!
身近な生活に使われいてるプログラム(順次・反復)を考える。
例:信号機(青→黄→赤→青)
  時間割(1時間目→2時間目→3時間目・・・)
     (月火水木金→月)