概要:前時で作った線香花火のプログラムをもとに、より線香花火らしくする。ここでも数字を用いることで視覚的・感覚的に分岐の組み合わせを考えたり、処理の様子を捉えたりすることができる。
プログラム解説:①1の次は2か3か4か0のどれか。
        ②0になったら消える。
もっと線香花火らしくしようという課題を提示する。

1〜4からの組み合わせパターンのメガネを作る。(算数の組み合わせの学習にもなる!?)
0を引いた消えるというメガネも作る。
プログラミングの基本処理「分岐」にあたる。(ここでは続くか終わるかの2択としての分岐と捉える。)
数字を火花に描き替える。(0は小さい粒がおすすめ。)→完成!
身近な生活に使われいてるプログラム(条件分岐)を考える。
例:自動ドア(人がいたら開ける、そうでなければ閉める)
  エレベーター(3階のボタンを押されたら3階へ行く。)
  トイレの水洗人が離れたら、水を流す。)など
終わったら落ちる、触ったら燃え出す、など工夫を凝らして自分だけの線香花火を作ろう!(詳しくは下記動画内で解説しています。)